USD
  • USD
  • AUD
  • CNY
  • EUR
  • JPY
  • GBP
USD
  • USD
  • AUD
  • CNY
  • EUR
  • JPY
  • GBP

リングのデザインに適したオパールの選択

このブログは英語から翻訳されています

このブログでは、オパールに最適なさまざまなタイプのリングのデザインを見ていきます。使用する予定のセッティングと金属の種類に基づいて、リングのデザインに最適なオパールをお勧めします。

クローセッティングリング

爪スタイル セッティングのオパール リングは、セットするとオパールのサイド エッジが露出します。通常、リングの裏側から見ると裏側も見えます。通常、爪プロング セッティングでオパールを所定の位置にしっかりと固定できる十分な高さを得るために、爪セッティングにはより高いドーム オパールが推奨されます。これがないと、オパールを動かさずにしっかりと固定するには通常少なくとも 3 mm の長さがオパールを覆う必要があるため、オパールが爪で覆われすぎてしまう可能性があります。より高く、ドーム状のカボションは、その形成時の丸みのスタイルにより、ノビー オパールにより適しています。シーム オパールも使用できますが、通常、トップが平らになるようにカットされることが多いため、ほとんどの場合、ノビー オパールよりもオパールの表面にはるかに多くの爪が重なることになります。

ドーム型カボションにカットされたシーム オパールは、クロー セッティングに適している可能性があります。より高いドームを備えたブラックおよびダーク オパールは、クロー セッティング デザインでよく選ばれます。クリスタル オパールは、爪スタイルのセッティングでは裏側や側面が閉じられていないため、あまり使用されないため、光がクリスタル オパールを容易に通過し、パターンや色の多くが失われます。楕円形と涙滴型のオパールは、クローセッティングのデザインに最適です。カットされた形状がリングに適している限り、一部のボルダー オパールをクロー セッティング デザインに使用することもできます。

A claw set high domed nobby black opal engagement ring
クローセットハイドームノビーブラックオパール婚約指輪
A bezel set black opal teardrop ring
ベゼルセットブラックオパールティアドロップリング

ベゼルセッティングリング

ノビーオパールをベゼルに使用することもできますが、リングから突き出た過度に露出したドーム状の部分が衝撃や衝突を引き起こす可能性がないように、より平らな面のタイプのオパールがベゼルに最適です。より平らなトップのオパールは、多くの場合、シーム オパールと関連付けられます。ベゼルスタイルのリングに最適です。ほとんどのベゼルセッティングリングの裏地は密閉されているため、ブラックオパールやダークオパールよりも安価なクリスタルオパールを使用することで問題を回避できます。ベゼルセッティングは光を閉じ込め、クリスタルオパールが常に最高の状態を保てるようにします。ベゼルセッティングリングではオパールのダブレットやトリプレットもよく使われますが、当社ではこのようなタイプの人造オパールは販売しておりません。ほとんどの形状のオパールはベゼル セッティング リングに使用できます。それらは、楕円形、涙滴、ハート、自由形状です。形状が許せば、ベゼルセッティングのデザインにボルダーオパールを使用することもできます。

フリーフォームリング

フリーフォームオパールを爪デザインとベゼルデザインのリングセッティングの両方にセットすることが可能です。一部の自由形状オパールは、他のオパールよりもリングのデザインに適しています。

ハローリング

ダイヤモンド ハロー リングは、婚約指輪やプロミス リングとしてオパール リングをデザインする場合に人気の選択肢です。爪スタイルのセッティングがあるため、ノビーオパールはこのタイプのリングデザインに使用するのに理想的な選択肢です。

メンズリング

男性はオパールを毎日の指輪として着用することが多く、時にはオパールの結婚指輪として着用することもあります。爪スタイルのデザインのメンズリングは非常に珍しいです。メンズ オパール リングは多くの場合、オパールを可能な限り保護するためにベゼル セッティングが施されたフラット トップ オパールです。

A mens bezel set opal wedding band with small accenting colored gemstones
小さなアクセントカラーの宝石をあしらったメンズベゼルセットのオパール結婚指輪

婚約指輪と結婚指輪

オパールは婚約指輪に適した石ですか?絶対に!オパールに損傷を与える可能性のある衝撃を引き起こす可能性のある肉体労働や身体活動中にリングを着用していない限り、オパールは、ユニークなオパールを選択することでその人のユニークな個性を実際に示すことができる婚約指輪として優れた選択肢です。婚約指輪は多くの場合、爪スタイルのセッティングで作られ、デザインに小さなダイヤモンドがいくつか付いています。どのようなスタイルのオパールでも使用できますが、多くの場合、高級婚約指輪にはブラック オパールが望ましい選択となります。

オパール プロミス リング

プロミスリングとは、正式なものではない、婚約指輪の別名ルーズフィットのことです。プロミスリングは、お互いへの誓いを表現するためにパートナー間で贈られることがよくあります。通常、見た目は非常にシンプルで、大きすぎないリングです。オパール プロミス リングは、ダイヤモンドがアクセントになったシンプルなプロング デザインの、小さめのドーム型カボション ブラック オパールです。男性の場合は、オパールをベゼルにセットし、両端にアクセントとなる宝石を付けることができます。

さまざまな金属タイプに合わせた色の選択

リングのデザインにおける金属の種類の色には、主に 3 つの選択肢があります。彼らです:

●      スターリングシルバーオパールリング、ホワイトゴールドオパールリング、プラチナオパールリングはすべてシルバー/ホワイトの外観です。

●      イエローゴールドリングは黄色の外観をしています

●      ローズゴールドのリングはピンクがかった外観です。

金属の選択は、実際には 3 つの決定要因によって決まります。金属の種類に対する個人的な好み、デザインの予算、そして最後にオパールの色が金属の色にどのように合うか。これらのデザインについて宝石商と話し合うことが重要です。最初にリングをデザインすると、リングに最適な金属を選択するのに役立ちます。オパールをさまざまな金属の色に近づけることも、より良いデザインを作成するのに役立ちます。

オパールリングのアクセントダイヤモンド

オパール リングの人気のセッティングは、アクセントとなるダイヤモンドを添えることです。ダイヤモンドは、無色の性質を持つオパールの美しさを損なうことなく、リングセッティングでオパールの視覚的な魅力を高める優れた方法です。アクセントとなるダイヤモンドや他の色の宝石の種類、形、サイズを適切に選択するために、最初にオパール リングをデジタル デザインすることをお勧めします。

投資を念頭に置いてリング用のオパールを選択する

オパール、特にブラック オパールや高級ボルダー オパールなどの希少なタイプのオパールの価値は、発見されて以来、価値が上昇し続けています。オパールの希少性は時間の経過とともに著しく増し、需要も増加しています。高品質のブラック オパールのリングストーンは、投資に最適です。そして、はい、着用中にぶつけて破損する可能性があることに注意する限り、感謝しながら着用することは可能です。

オパールの指輪はどの指にはめますか?

もちろん、婚約指輪や結婚指輪は通常、小指の隣の下から 2 番目の指、またはより一般的には薬指として知られている指に着用されます。リングはどの指にも着用できますが、それは着用者次第であり、どこにリングを着用するのが最も快適であると感じるかによって決まります。

A freeform black opal set in bezel ring worn on the ring finger
フリーフォーム ブラック オパールをベゼル リングにセットし、薬指に着用します
Share:
Shopping cart
Start typing to see products you are looking for.
Shop
0 Wishlist
0 items Cart
My account