USD
  • USD
  • AUD
  • CNY
  • EUR
  • JPY
  • GBP
USD
  • USD
  • AUD
  • CNY
  • EUR
  • JPY
  • GBP

オパールのお手入れ

このブログは英語から翻訳されたものです

オパールを長持ちさせ、損傷の可能性を最小限に抑えるために、オパールを適切にお手入れする方法についてよく質問されます。オーストラリアン オパールについては、色が変化したり、パターンや輝きが失われたりする可能性があるため、水にさらすべきではないという一般的な認識があります。これは非常に虚偽です。オーストラリアン オパールは、熱、気候、湿度、水にさらされても外観が変わりません。ただし、強くぶつけるとひび割れが発生する可能性があります。オパールをリングにセットして着用する場合は、運動中にオパールが衝撃を受けないよう常に注意する必要があります。何らかのスポーツや肉体労働に従事する場合は、損傷しないように指輪を外してください。

オパールリング

皿を洗うときにオパールの指輪を着けていてもいいですか?オーストラリアン オパールは、食器用洗剤やハンドソープなどの軽い化学物質にさらされても損傷しません。ただし、オパールを漂白剤やアンモニアなどのハッシャー化学薬品にさらさないでください。そうは言っても、リングの他の部分についてアドバイスすることはできません(つまり、ダイヤモンドや他の宝石、またはリングにセットされているゴールド/プラチナ/シルバーを褒めることなど)。実際、オーストラリアのオパールを安全に保管し、長寿命を確保するために実際に行う必要があることは何もありません。オーストラリアン オパールは、毎日着用する場合、時間の経過とともに表面に小さな傷や傷が発生する可能性があるため、数年ごとに地元の宝石店で再研磨する必要がある場合がありますが、これらは通常は研磨できます。

オパールダブレットまたはオパールトリプレット

オパール リングがオパール ダブレットまたはオパール トリプレットの場合、いかなる種類の化学薬品 (ハンドソープや洗濯洗剤など) や水にさらすことはお勧めできません。これは、ダブレットとトリプレットには、水や化学物質にさらされると軟化する可能性のある接着剤が含まれているためです。ダブレット/トリプレットがバラバラになる可能性があります。

オパールのイヤリングをシャワー中に着用できますか?

オパールのイヤリングの大部分はダブレットまたはトリプレットで作られているので注意してください。これらは水や石鹸に触れないようにしてください。オパールのイヤリングが固体(オーストラリア産クリスタルオパールなど)の場合は、シャワー中に着用したり、水や石鹸にさらされても問題ありません。ただし、イヤリングに使用されている宝石を褒めることについてアドバイスすることはできません。

エチオピア産オパール

エチオピアオパールは、さまざまな気候/湿度/熱/水にさらされると変化しやすくなります。美しいエチオピアのプリンセスリングの模様や色が失われ、くすんだ茶色に変わってしまうと、非常にガッカリする人も珍しくありません。ただし、時間が経つと元の外観に戻る可能性があるため、心配しないでください。色や模様を失ったエチオピア オパールをお持ちの場合は、水に浸したり、気候を変えたり、日光に当てたり、日陰に置いたりすることをお勧めします。異なる気候、異なる光や水への曝露を試してみると、色が戻る可能性があります。エチオピア産オパールを所有している場合。水、過度の熱、またはあらゆる種類の化学薬品 (ハンドソープや洗濯洗剤を含む) にさらさないことをお勧めします。エチオピア オパールは水、熱、湿気にさらされる場合は特に注意してください。長持ちします。

オパールのお手入れ
Share:
Shopping cart
Start typing to see products you are looking for.
Shop
0 Wishlist
0 items Cart
My account